<
      http:// jp.cnqcr.com  |  mail: jpcnqcr@163.com

TOYOTAは2021新型COROLLAを発売し、中国で3気筒エンジンを投入

自動車人 2021-01-18 17:30:00 著者:管宏業

数日前、FAW TOYOTAは2021新型COROLLAを発売し、従来の1.2T 4気筒および1.8Lデュアルエンジンをベースにした1.5Lパワートレインを追加した。中国で3気筒エンジンの初投入となった。

今回、COROLLAに搭載された1.5Lエンジンは、TOYOTAのTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)で新しく開発されたパワートレインから派生したもので、エンジン出力、パーフォーマンス、静謐性、信頼性の方面で、従来の3気筒エンジンと全然違った。
 

1.5Lエンジンの研究開発は長期にわたる準備が進んでいることがわかります。従来の3気筒エンジンと比較して五つのメリットがあり:第一は、同じ排気量の4気筒エンジンに比べて軽量で、エンジン重量が25kg軽量化され、安定性と重心が効果に向上した。第二は、大きさが小さく、前後のカウンターウェイト比がより合理で、ステアリングがより柔軟となった。第三は、機械の摩擦が少なく、熱効率が高くなった。第四は、燃料消費量が少なく、TOYOTAの一貫した高い燃料効率を継承し、測定されると燃料消費量は100kmあたり5.1Lだ。第五は、パワーはより機敏で、AVALONなどのハイエンドモデルにのみ適用されるテクノロジーを採用し、運転体験をより高いレベルに向上させた。
 

データによると、2021年新型COROLLA1.5Lエンジンの最大出力は121馬力、ピークトルクは148N・mで、従来の自然吸引1.8Lに達した。シミュレートされた10スピードデュアルドライブCVTギアボックスと一致し、熱効率は40%にも達した。1.2Tモデルの最大出力116馬力と比較して、馬力が向上し、燃料消費量も0.5L/100km削減された。現在、市場に出回っている一般の小容量ターボチャージャーを使用する同じタイプのエンジンとは異なり、新型COROLLAの1.5Lエンジンは自然吸引という方法を採用し、出力はよりスムーズになり、フロントエンドの応答はより強力で迅速になる。
 

TNGAフレームワークに基づいて、新型COROLLAのボディフレームは1500MPaの超高強度ホットスタンプ鋼を使用し、590MPaを超える超高強度鋼は42%を占め、同じレベルを大幅に上回っている。さらに、TNGAアーキテクチャの製品はすべて「レーザースパイラル溶接」という技術を使用しており、COROLLAは車全体に4090個のはんだ接合部を備えているため、より高いボディ強度を実現した。新型COROLLAのボディ剛性が従来モデルに比べ37%向上し、パッシブセーフティが大幅に向上したことが分かった。同時に、新型COROLLAの重心は従来モデルより25mm低くなっている。
 

また、TNGAアーキテクチャに基づく製品の継続導入により、FAW TOYOTAはあらゆる面で製品の強度を向上させることができた。低排気量と小排気量により、以前の消費誤解が完全に逆転することが期待されている。(自動車人/管宏業)

関連読書:

TOYOTAは2021新型COROLLAを発売し、中国で3気筒エンジンを投入

キャラクターポストする:2021-01-18
TOYOTAは2021新型COROLLAを発売し、中国で3気筒エンジンを投入

2020年GAC HONDA生産販売ダブル成長

キャラクターポストする:2021-01-17
2020年GAC HONDA生産販売ダブル成長

2020中国自動車市場:販売台数は2531万台、2021年にはプラス成長に戻す見通し

キャラクターポストする:2021-01-14
2020中国自動車市場:販売台数は2531万台、2021年にはプラス成長に戻す見通し

Toyotaは中国で「ボトムライン思惟」で安全レッドラインをしっかりと守る

キャラクターポストする:2021-01-06
Toyotaは中国で「ボトムライン思惟」で安全レッドラインをしっかりと守る

Toyotaハイブリッドが2つのソリューションを提供

キャラクターポストする:2021-01-05
Toyotaハイブリッドが2つのソリューションを提供
汽车人版权所有