<
      http:// jp.cnqcr.com  |  mail: jpcnqcr@163.com

Toyotaは中国で「ボトムライン思惟」で安全レッドラインをしっかりと守る

2021-01-06 14:00:00 著者:

マイナス成長下の2020年、中国の自動車市場はより多くの建設性を示している。ストック市場競争で頭角を現すことができる企業は、並々ならぬ価値を持っているに違いない。

Toyota自動車にとって、その価値の核となるのがTNGAだ。中国に導入されて間もないが、2017年から現在までToyota TNGAファミリーモデルは逆風になびいている。特に2020年最初の11カ月の乗用車市場が前年同期比8%減少したことを背景に、Toyotaの中国合弁企業であるGAC ToyotaのTNGA車種は前年同期比53%増加し、3年足らずで総販売台数が100万台に達した。これにより、Toyotaの「破壊的革新」の魅力を実証しただけでなく、TNGAアーキテクチャの価値を検証した。
 

TNGAにとって見えているのは、大幅に向上した走行質感とスマートな配置であり、見えていないのは、より包括的な安全レベルだ。TNGAアーキテクチャ車種は、自動車の安全基準を再定義し、自動車の安全を新たなレベルに押し上げている。

世界保健機構のデータによると、世界で交通事故で命を落とす人の数は毎年135万人に達しており、2030年にはエイズや糖尿病などの病気で命を落とす人の数を上回り、5番目に大きな致死原因となる。

まさに安全に対する重視に基づいて、Toyotaにとって、安全技術はずっとトップレベル戦略の構成の中で最も重要な一環である。Toyotaは2010年に『2010年グローバルビジョン』を作成し、「交通事故」「交通渋滞」「環境負荷」などの負の影響を最小限に抑えることに力を入れている。Toyotaは2018年からアクティブセーフティコンボスーツ「Toyota Safety Sense」を全車種に標準装備普及させている。
 

Toyota安全の趣旨は、広範囲に導入・普及することで、「より多くの車に、より効果的に死傷者を減らす安全システムを搭載させる」というもので、より現実的で普遍的な意味がある。あまり知られていないのは、Toyotaは世界で初めてアクティブセーフティシステムのセットを全車系に普及させた自動車メーカーだということだ。

中国の消費者がますます成熟するにつれて、これまで多くの一方的な認識が是正され、TNGAはToyota車が安全でないという従来の認識を一新した。
 

車体重量の面では、かつてToyota車は軽くて安全ではなく、高速で走るのがふわふわしているというイメージがあったが、これらはTNGAモデルには存在しなくなる。TNGA車種はねじり剛性が30%以上大幅に向上し、全車溶接ポイントが5000箇所を超え、高級車プロセスの高強度構造接着剤を使用している。中保研の衝突テストの結果によると、大量の熱成形型鋼の使用と高剛性の車体骨格のおかげで、カムリ、レビン、C-HRのAピラーに変形がなく、コックピットが完全で、車内人員の安全を確保できることがわかった。

Toyota人は、安全を第一とし、人を本とし、「交通事故による死傷者ゼロ」をビジョンとし、運転者と歩行者の安全を守ることは、企業発展の「絶対に譲らない最低ライン」だと述べた。TNGAアーキテクチャのおかげで、Toyotaのベースラインはよりしっかりと守られ、ビジョンはより近くなっている。(自動車人/管宏業)

関連読書:

TOYOTAは2021新型COROLLAを発売し、中国で3気筒エンジンを投入

キャラクターポストする:2021-01-18
TOYOTAは2021新型COROLLAを発売し、中国で3気筒エンジンを投入

2020年GAC HONDA生産販売ダブル成長

キャラクターポストする:2021-01-17
2020年GAC HONDA生産販売ダブル成長

2020中国自動車市場:販売台数は2531万台、2021年にはプラス成長に戻す見通し

キャラクターポストする:2021-01-14
2020中国自動車市場:販売台数は2531万台、2021年にはプラス成長に戻す見通し

Toyotaは中国で「ボトムライン思惟」で安全レッドラインをしっかりと守る

キャラクターポストする:2021-01-06
Toyotaは中国で「ボトムライン思惟」で安全レッドラインをしっかりと守る

Toyotaハイブリッドが2つのソリューションを提供

キャラクターポストする:2021-01-05
Toyotaハイブリッドが2つのソリューションを提供
汽车人版权所有