<
      http:// jp.cnqcr.com  |  mail: jpcnqcr@163.com

Toyotaハイブリッドが2つのソリューションを提供

自動車人 2021-01-05 16:20:00 著者:管宏業

同セグメント独自の3つの四駆システムとToyotaの第4世代THS-IIハイブリッドにより、強力な四駆と洗練された省エネの間で、Toyotaのワイルドランダーは2つのソリューションを提供している。

 ワイルドランダーの発売期間は長くないが、都市部のSUV分野では、よりハイエンドな製品の位置づけとブランドイメージを確立している。中高級車の受注比率は90%以上、四駆車の受注比率は40%、ハイブリッド車の受注比率は28%だ。中国のコンパクトSUV市場では、後を追うワイルドランダーが新たなベンチマークを打ち立てている。
 

 従来の機械式四駆とは異なり、ワイルドランダーは三セットの四駆システムを提供している。従来、都市部のSUVにおける四駆車の販売比率は10%前後だったが、ワイルドランダーにとっては購入者の半数近くが四駆車を選択しており、これが真の四駆車がもたらす真の生活のヒントとなっている。

 伝統的な観念の中で、四駆車型は抵抗が大きく、燃費が高いなどの弊害を伴うことは避けられないが、ワイルドランダーにとって、ハイブリッド四駆は固有の認識を打ち破り、通過性があるだけでなく、同時に燃費と運転の楽しさにも配慮し、本当に魚と熊の掌の両方を実現した。
 

 多くのToyotaハイブリッド車ユーザーが特に称賛しているのは、Toyotaハイブリッドの電池は特別なメンテナンスを必要とせず、車両と同じ寿命を実現できることだ。過去のケースでは、Toyotaのハイブリッドユーザーの中に、150万キロを電池交換せずに走った「奇跡」もあった。トヨタハイブリッドの信頼性がうかがえる。

 最近、中国の『省エネ・新エネルギー自動車技術ロードマップ』バージョン2.0が発表され、ハイブリッドに対する政策の支持がさらに明確になり、Toyotaハイブリッドの優位性がさらに拡大することが予想される。
 

 2017年にGAC Toyotaに投入してから、TNGAの波紋は広がっている。TNGAをベースにしたカムリ、C-HR、レオン、ワイルドランダーは3年足らずで累計販売台数が100万台に達し、TNGA車種の月あたりの販売台数がGAC Toyota全車に占める割合は70%に達した。TNGA車種はすべてヒットし、業界内で注目される「TNGA現象」を形成している。(自動車人/管宏業)

関連読書:

TOYOTAは2021新型COROLLAを発売し、中国で3気筒エンジンを投入

キャラクターポストする:2021-01-18
TOYOTAは2021新型COROLLAを発売し、中国で3気筒エンジンを投入

2020年GAC HONDA生産販売ダブル成長

キャラクターポストする:2021-01-17
2020年GAC HONDA生産販売ダブル成長

2020中国自動車市場:販売台数は2531万台、2021年にはプラス成長に戻す見通し

キャラクターポストする:2021-01-14
2020中国自動車市場:販売台数は2531万台、2021年にはプラス成長に戻す見通し

Toyotaは中国で「ボトムライン思惟」で安全レッドラインをしっかりと守る

キャラクターポストする:2021-01-06
Toyotaは中国で「ボトムライン思惟」で安全レッドラインをしっかりと守る

Toyotaハイブリッドが2つのソリューションを提供

キャラクターポストする:2021-01-05
Toyotaハイブリッドが2つのソリューションを提供
汽车人版权所有